台風一過のその後の偵察

建築現場で永く仕事をしている人間として、
自然災害のうち最も警戒するのは〝風〟です。

建築現場には仮設と呼ばれる機材が数多くあります。

仮設機材はあくまで一時の仮に使われる物ですから、
自然災害への対応は管理者である〝人〟が対応しなければなりません。

仮設機材は風に弱いのです。

少し前の多摩の事故や、今回福岡の痛ましい事件は、
現場管理者をゾッとさせるニュースです。

ですから私は、自然災害 特に風には臆病になります。

臆病な程に準備をする・・・・! と言うことです。

外仕事の人間は皆、天気予報には敏感になります。

風が強く吹くことが分れば、必ず対応策をとります。

夜中に呼び出されたり、それこそニュースにされたり
など絶対にならないようにする!

それは、自分にかける保険です。

そしてその後、必ず偵察に周ります。

対策を施しているので、大きなことは起こりません。

それでも偵察で現場を周ると、何かしら手を掛ける必要はあるものです。

そのための偵察なのです。

「備えあれば患いなし」。

先達の言葉にはいつも感心させられます。