〈電子式遣り取りはアナログで確認する〉

東久留米 発:

『健康安心で快適な家造り』

〈電子式遣り取りはアナログで確認する〉

私どもの会社は建築の元請け つまり

ゼネコンの位置づけになります。

私の会社でお客様から直接仕事(住宅建築)

を請け負い、多くの専門業者に仕事を依頼

し、全てを統括する立場で成り立っています。

ですから事務所には、打合せや物の遣り取り

などで多くの人が頻繁に出入りします。

LINEやメールの発達で連絡事項や図面・地図

などを電子の波に乗せることで、飛躍的に

それらの事がスピードアップしたことは事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二つの書斎がある家

 

 

 

最近このLINE・電子メールなどの伝達で、

トラブルが発生しました。

業者の若い担当者は、メールを送ったことで

相手(私の事です)が分っていると思いました。

しかしその相手(私です)はたくさん来る

メールの中で、そのメールを発見していません。

 

送った側はメールを見ているものと思っている。

送られた側はそのメールの存在すら分かっていない。

という事態が発生しました。

正確には送られた側は発生したことも知りません。

そして、メールの内容が宙に浮いたまま

数日間放置され、のちに担当者が慌てる!!

と言う結果に相成りました。

 

 

 

 

 

 

どれにしようかな??

 

私は昭和30年代の生まれで、黒電話から

FAX→ポケベル→携帯電話→電子メール

→LINEとその変遷を見てきた立場です。

なのであまり電子式を信用していません。

私は、FAXやメールを送った後に電話で

送った旨を、相手にお知らせします。

 

何かのCMに、母親が娘に向けてメールを

送った後にその事を電話で伝えました。

すると娘さん、

「それじゃー意味ないじゃない」・・・・と。

 

いやいや十分に意味があるのです。

送った先の相手が、パソコンにかじり付いて

いる訳もなく、私のように数多く来るメール

からそれが見つからない事もありえるのです。

ですから、電子式で文章を送ったならば、

必ずアナログの電話(携帯電話はアナログか?)

で、送ったことを知らせましょう。

スムーズに遣り取りできる秘訣です。

 

 

永く住む住宅です。

そこに住む人が、年を重ねても快適に

暮らして頂けるように予算との兼ね合い

を考え工夫して、良い住まい造りを

実現しています。

 

 

————————————————–

◇発行責任者

エコハウス&自然素材の家づくり

KRAFTHOME

クラフトホーム株式会社

代表取締役 山崎幹夫(やまざきみきお)

◇住所 : 東京都東久留米市前沢4-4-2

◇フリーダイヤル 0120-782-720

———————————————–

◇Webサイト・ブログ

https://www.krafthome.biz

◇お問い合わせ

Info@krafthome.biz

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇