〈自動車にけして負けてない?家の省エネ化〉

東久留米 発:

『健康安心で快適な家造り』

〈自動車にけして負けてない?家の省エネ化〉

自動車はメーカーの開発速度が速いので、

低燃費の省エネ化が進んでいます。

一方住宅はと言うと政府の方針に沿って、

断熱材性能、サッシの性能、高気密化、

太陽光発電、太陽熱利用、ZEH、HEMS、

などのエネルギー使用量を抑えるための

仕様にすることが求められています。

 

 

 

 

 

 

 

屋根面の内部(リフレクティックス遮熱+ウールブレス)

 

 

 

 

 

しかし自動車はガソリンの燃費向上により

エネルギー消費は少なくなりましたが、

窓を閉め切った状態の夏場はエアコンが

必需品ですし、冬場もエンジンをかけていない

室内では寒くていられません。

高々10㎡程度の室内を快適に保つために

エアコンをフル活動させています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏場の外壁温度(リフレクティックス遮熱+ウールブレス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏場の室内壁温度(リフレクティックス遮熱+ウールブレス)

 

 

では住宅はどうでしょう。

3LDKの建物なら100㎡前後。自動車の

10倍はあります。4月の陽気でも太陽が

サンサンと輝けば、自動車はエアコンを使い

ますが、住宅はまず使いません。

屋根に分厚い断熱材が入ってますし、

サッシなどの性能が良い物を使っていますから。

 

国やいろいろな機関が言うほど、住宅の性能が

自動車よりも見劣りする事は無いと思うのです。

ドイツなどの省エネルギー先進国から出てくる

数字を引き合いに出して、日本の住宅の省エネ化

はまだまだだと言われます。

でもね、私の自宅15年前に建てたけれど十分に

温かいし、夏場もそれほどエアコンに頼らず生活

していけてます。

 

私どもで今お造りしている住宅は、15年前の建物

とは比較にならない程進化していますよ。

けっして自動車に負けてはいないのです。

あまりに性能ばかり追求すると金額に跳ね返り

ますから、何事もホドホドが良いのではないですか?

 

 

 

永く住む住宅です。

そこに住む人が、年を重ねても快適に

暮らして頂けるように予算との兼ね合い

を考え工夫して、良い住まい造りを

実現しています。

 

 

————————————————–

◇発行責任者

エコハウス&自然素材の家づくり

KRAFTHOME

クラフトホーム株式会社

代表取締役 山崎幹夫(やまざきみきお)

◇住所 : 東京都東久留米市前沢4-4-2

◇フリーダイヤル 0120-782-720

———————————————–

◇Webサイト・ブログ

https://www.krafthome.biz

◇お問い合わせ

Info@krafthome.biz

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇