〈日本発!地球上最強の断熱材〉

東久留米 発:

『空気の良い快適な家で健康に暮らそう』

〈日本発!地球上最強の断熱材〉

先日書いた、寒さ対策の有効策には二重窓です。

の話題後に、WBSを見ていたら、

「地球上で最強の断熱材」

を取り上げていました。

あまりにタイムリーなのでご紹介します。

 

〝エアロゲル〟と言う素材は、

1930年にアメリカで発明され、90年代に入り

NASAで実用化に成功したものの、

コストがかかり過ぎるため、日の目を見ずに

製品化を見送られていたそうです。

 

それを京都大学の先生が、製造工程で必要な乾燥の

新たな技術を発明し、それをベンチャー企業と京大

そしてYKKAP(アルミサッシのメーカー)が共同で、

『SUFA』と言う製品として開発しました。

もとの60分の1のコストで抑えられたそうです。

 

断熱材と呼ばれる製品は、空気を素材の中に

封じ込めて外と中を仕切り、

外の環境を中になるべく影響させないのが基本です。

この「SUFA」はその内包されている空気の量が、

通常のグラスウールの三倍もあるそうです。

 

紹介映像では、下から火で炙った素材の上に、

手をかざしてもまったく熱くならない!?

とリポーターが語っていました。

 

特に私が注目したのが、素材の透明性です。

私たちの見慣れている断熱材は、

普通個体として存在します。

それが透明なのであれば、

ガラスに密閉することができるのです。

 

先日書いた話のなかに、冷気がガラス面から

入ってくるのを、二重窓で防ぐのが有効です。

とお伝えしました。

それほど、ガラス面は外気の影響を受け易い

ものなのです。

 

もしガラスその物が断熱できるのであれば、

住宅やビルから自動車や電車に至るまで、

応用範囲は多岐に渡り、無限の可能性を

感じます。

 

 

 

 

 

 

サッシメーカーのYKKAPが開発に名を連ね、

すでに一部商品化しているのが、

映像で流れていました。

https://update-gate.jp/

 

私たちの住宅にも、近い将来

「窓ガラスに断熱材入り」と謳われる!?

商品が、手に入る事になるかもしれません。

 

アメリカが研究開発した発明品に、

日本のベンチャー企業が、応用開発

して、それを一般の商品化に成功する!!

 

ほんとうに誇らしいことですね。

 

 

————————————————–

◇発行責任者

エコハウス&自然素材の家づくり

KRAFTHOME

クラフトホーム株式会社

代表取締役 山崎幹夫(やまざきみきお)

◇住所 : 東京都東久留米市前沢4-4-2

◇フリーダイヤル 0120-782-720

———————————————–

◇Webサイト・ブログ

https://www.krafthome.biz

◇お問い合わせ

Info@krafthome.biz

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇