〈家が熱くならない遮熱.2〉

東久留米 発:

『健康安心で快適な家造り』

〈家が熱くならない遮熱.2〉

〈気温よりも輻射熱が暑さの原因〉

 

外気温度が36℃の炎天下でも、太陽光

を直接浴びるのと、木陰に入るのでは

身体に受ける暑さの感じ方がまるで

違います。炎天下では日陰を探し、

日傘を使って日差しを避ける行動を

お越します。

気温の低い冬場でも、窓を閉めた車の中

はかなりの暑さを感じます。

 

人ははるか昔の経験値から、

直射日光=輻射熱から身体を隠す事を

本能的に知っていて、自分の身を守る

ために日差しを遠ざけるのです。

 

熱は物に当たりその物に熱を伝えます。

それが「輻射熱」です。

太陽の熱線が屋根や壁に当たり、その熱が

ジワジワと内部に伝わります。

その熱を伝えなくしようとするのが「断熱」

です。ガラス繊維・ウレタン・紙・ウール

などの素材を加工した製品で、

太陽からの熱を断ち伝えにくくする工法が

現在盛んに使われています。

 

 

 

 

 

 

 

(ウール(ヒツジの毛)断熱材)

 

 

 

 

 

 

 

(屋根下に羊毛断熱材を敷き込む)

 

 

その断熱と言う考え方に、もう一歩

踏み込んだ考え方が「遮熱」です。

太陽からの熱線を通す事を許さず、

反射させて入れさせないと言う、

断熱とは、違う考え方の方法です。

純度99%のアルミシートはアルミ箔

のように向こうが透けて見えるような

薄い物ではありません。

高純度のアルミホイルで、太陽から届く

熱線(電磁波)を99%反射します。

同じように、室内で発生する熱源(エアコン

・ストーブなど)から出る温かい温度も、

室内に戻す効果もあります。

 

 

 

 

 

 

 

(屋根にリフレクティックス遮熱)

 

 

 

 

 

 

 

(壁にリフレクティックス遮熱)

 

 

この高純度アルミシートの「リフレクティックス」

と断熱材を併用すると、夏涼しく冬温かい建物を

造り出すことができるのです。

ただ、25~6坪の木造住宅で70万円ほど費用が

かかります。しかし夏冬を通じて安定した

室内環境が整えば、月平均2万円程度の光熱費

でまかなえそうです。

遮熱工法の家を選択した方の意見を聞くと、

この投資は決して高く感じないとのこと。

それほど室内が快適で、過ごしやすい住宅

を手に入れることが叶ったと言われます。

 

永く住む住宅です。

そこに住む人が、年を重ねても快適に

暮らして頂けるように予算との兼ね合い

を考え工夫して、良い住まい造りを

実現しています。

 

 

————————————————–

◇発行責任者

エコハウス&自然素材の家づくり

KRAFTHOME

クラフトホーム株式会社

代表取締役 山崎幹夫(やまざきみきお)

◇住所 : 東京都東久留米市前沢4-4-2

◇フリーダイヤル 0120-782-720

———————————————–

◇Webサイト・ブログ

https://www.krafthome.biz

◇お問い合わせ

Info@krafthome.biz

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇