〈古い家は次が来る前に逃げる〉

東久留米 発:

『空気の良い快適な家で健康に暮らそう』

〈古い家は次が来る前に逃げる〉

最初の地震では動けないかもしれません。

でも二度目が来る前に外へ逃げましょう。

 

これは、築年数が30年以上経過している

木造住宅にお住いの方へのアドバイスです。

 

建築や構造物(電柱・看板など)は、最初の

地震の揺れは大丈夫だとしても、それが

何度も繰り返し続くと壊れる危険性が

あります。

特に古い建物は、木造でもコンクリート

でも鉄骨にしても、あぶない!!

 

ですから、最初の揺れであたふたしても、

それが治まったら

〝外へ逃げる!!〟・・・・です。

 

それも、瓦やガラスが落ちてきても届かない

離れた平らなところがベスト。

 

 

 

 

でもこう言うことは、普段から意識して

いなければ、そんなに都合よくその場所

には、たどり着けません。

 

防災意識とは、イザッ! と言う時のための

自分の気持ちの持ちようが

〝その時にその場所へ意識が自然に向かう〟

か、〝自分の身を自分で守れるか!?〟

を言っているのだと思います。

 

地震対策の依頼を受け見積りをお届けすると、

たいがいの方は、

「この古い家にそこまでかけてもネー」と

二の足を踏み、断念する人が多くいます。

 

その方達へ向けての言葉が、冒頭に書いた、

「古い家は次が来る前に逃げる!!」なのです。

 

それが自分が無事にいられることに繋がるから。

 

安全にはお金をかける時代になっているんですよ。

ほんとはネ!

 

————————————————–

◇発行責任者

エコハウス&自然素材の家づくり

KRAFTHOME

クラフトホーム株式会社

代表取締役 山崎幹夫(やまざきみきお)

◇住所 : 東京都東久留米市前沢4-4-2

◇フリーダイヤル 0120-782-720

———————————————–

◇Webサイト・ブログ

https://www.krafthome.biz

◇お問い合わせ

Info@krafthome.biz

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇