〈凍結の水漏れにご用心〉

東久留米 発:

『空気の良い快適な家で健康に暮らそう』

〈凍結の水漏れにご用心〉

 

去年の22日に大雪となりました。

覚えていますか?

 

あまりの寒さで、外の給湯器周りの

水道配管がいたるところでパンク

したのが、去年の今頃でした。

 

てんてこまいの水道屋さんを

追い打ち掛けるように修理の依頼で

お願いしたのを思い出します。

 

外回りならば目で見て分るから

よいのですが、

困るのは室内の壁の中の水漏れです。

 

蛇口の下や基礎が濡れていたら、

漏水の可能性があります。

 

怪しいと思ったら、水道メーターで

確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

量水器ボックスのフタを開けて、

水道メーターの中にキラキラしている

パイロットマークがあります。

 

水道栓をすべて閉めて、

そのパイロットマークを見て下さい。

それがキラキラしながら回っていたら

建物のどこかで漏水しています。

 

目で見て分らないところで漏水している

と言う証拠です。

 

寒さで凍結し、凍った水分が膨張して、

配管の継ぎ目などに亀裂を入れたと

思われます。

 

ほんの少しの量しか出ていないと、

なかなか気づかないものです。

壁内を濡らしっぱなしにしておくと、

後にカビが生えたり木を腐らせたりします。

 

 

何時にもまして冷え込んだ!

そんな次の日は、水道屋さんが

捉まりにくくなるのは当たり前!

と考え、

外の水道栓を布で温かく包むか、

昔のように水を細く出しておく

のも、ひとつの防衛策です。

 

翌日から何日間かは、

パイロットマークを確認しておくと、

より安心です。

 

お気を付けください。

 

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

————————————————–

◇発行責任者

エコハウス&自然素材の家づくり

KRAFTHOME

クラフトホーム株式会社

代表取締役 山崎幹夫(やまざきみきお)

◇住所 : 東京都東久留米市前沢4-4-2

◇フリーダイヤル 0120-782-720

———————————————–

◇Webサイト・ブログ

https://www.krafthome.biz

◇お問い合わせ

Info@krafthome.biz

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇